おすすめスキル


スキル(攻撃)

汎用(陣営・鬼物語/合戦の用途問わず)

  • 天魔妖凛斬・天魔波旬剣
初めてゲームを開始する際に鬼友紹介コードを入力し定められた条件を満たす事で入手可能。G2G4スキル共に使い易く手軽に火力upできる。
代替スキルの入手難度が高めなので初心者から中・上級者になるまで長く使える。是非コードを入力してから始めて欲しい。


  • 一城乃主
最も早くから入手でき、役立ってくれるスキル。大将に配置するだけで部隊攻撃をUPする。他の部隊スキルより火力の上昇幅は若干低いものの、最大発動率が高く安定して火力を得られる点がよい。難点は、自国の城主の場合入手難易度がやや高いのと技の成長に技経験値が莫大な量を要すること。
一城持ちの武将は各国の大名(各国のゲーム開始時武将である城主)に限られ、継承不可。自国の城主を育てる場合は陣笠を旅交易や鬼物語で、ご当地コレクションを天下分け目戦で自国プレイヤーと対戦して収集しよう。自国の城主にこだわりがない場合は入手しやすい他国の城主の一城持ちを育てるのも手。


  • 女傑
特定の姫武将のみが所持する部隊攻撃UPスキル。女性であれば継承可能であり、継承可能技にしては火力上昇幅が高く、副将に設置すれば発動する点が優れている。

  • 華実兼備
自身の攻撃を大幅に増強してくれるスキル。継承は不可だが、発動条件は非常に簡単である。その上でその強力な効果とは裏腹に、比較的序盤から入手可能という便利なスキルである。

  • 悲運絶将
単体の攻撃上昇させるスキル。発動条件が簡単な割に強力で、おまけに継承も可能。スキル習得者も緑くじなので入手難易度もそこまで高くない点も魅力的である。
だったが、2013年1月24日のアップデートにて習得武将がくじから除去されたため、鬼くじからは入手することが出来なくなってしまった。
※鬼物語クリア報酬ではまだ入手の可能性アリ。

  • 友乃為乃反撃
自身の攻撃と部隊の技発動率を上昇させるスキル。まさに一石二鳥なスキルである。その上で攻撃を単体とはいえ上昇率は驚異の76%と優秀である。技継承武将のため、入手難易度も比較的簡単で、継承も可能。唯一の欠点は発動条件が自身の前戦で敗北していなければならない点である。そのため、確実性を求めるなら誘い込みor逃げ上手とのコンボが必須である。

  • 次鋒乃覚悟
部隊攻撃UPスキル。継承専用武将からの継承であり、比較的入手難易度が低く、また次鋒に設置するだけで発動条件を満たすので大変お手軽に使える。が、その分上昇幅は低いので、他にもっとよい部隊スキルが入手できるまでの当座の穴埋めとして使うとよい。

  • アマクポ
部隊攻撃UPスキル。効果も高く発動条件も簡単で、そしてスキル保持者のステータスも高いので、即戦力として活躍してくれる。ただ、BPから出るため要課金であり、さらにスキル保持者がかなりの確率で出ないとされていることで一部界隈で有名。手に入れようと思う人は相当な覚悟が必要である。

  • 陰乍応援
入手先:黒くじ
開眼:G2、G4
部隊攻撃UPスキル。継承専用武将からの継承であり、比較的入手難易度が低い。他陣営の良固有スキル持ちと同陣営武将を使った陣営混成部隊を組む際に、攻撃の陣営ボーナス(同陣営武将のみ攻撃25%、他陣営はボーナスなし)を補填してくれるような存在。

  • 伏兵
開眼:G2、G4、G6
部隊攻撃UPスキル。継承可。相手より知略が高ければ発動可能。上昇値は30%だが、とりあえずの穴埋めスキルとして陣営問わず重宝しやすい。特にG6のものは競合するスキルの少なさから尚良い。

  • きっちりしなさい。
入手先:鬼友特典(現在入手不可)
開眼:G6
継承可。中堅に置くだけで、先鋒、次鋒の攻撃40%上昇し、副将、大将の知略が40%上昇する。その効果から先鋒、次鋒一閃型の構成との相性が良い。
何より同じ鬼友特典の武将スキルの中で、唯一継承可で希少なG6スキルということもあり非常に重宝しやすい。
難点は初回でコードを入力できなかったら2度と入手不可能という点である。

  • 伏竜乃咆哮
入手先:黒くじ
開眼:G4
部隊攻撃UPスキル。発動条件お手軽で、大きな上昇率が魅力的なスキル。問題は入手先が厄介な点。黒くじにて入手難易度がかなり高めである。

  • 勇壮犬追物
入手先:黒くじ
開眼:G2
自身の攻撃UPスキル。継承可。やや特殊な計算が適応されるスキル。部隊の攻撃半分を自身の攻撃に追加し、自身以外に配置されている武将の攻撃が半減するといった内容である。一見使い勝手は難しいそうだが、これにスキル連理乃構えを組み合わせることで副将の攻撃を劇的に上昇してくる。その用途から悪鬼羅刹戦や巨大悪鬼羅刹戦で大いに利用価値があるスキル。

  • 壱竟
入手先:緑くじ
開眼:G4
次鋒の攻撃の90%を中堅の攻撃に追加するスキル。銃後乃構え、壱竟、連理の構えと繋ぐことで副将の攻撃を一気に高めることができる。緑くじのため比較的入手はしやすい

  • 時知花、お通流、主君一殺、八国守護、新宮乃誓、攻め弾正、狙撃鉄砲
相手のステータスを入れ替える特殊スキル。ともに相手の知略と防御を入れ替えるスキルで、相手側の単純な能力強化に強いスキルである。
また場合によっては、悪鬼羅刹戦でも有効な場合もあるのでなかなか優れもの。

鬼物語最大火力・悪鬼羅刹討伐用

  • アシスト一閃
入手先:紫くじ
開眼:G2
対幻魔用スキル。味方部隊の攻撃の底上げしてくれるスキルで、その性質から対人戦以外で広く適用される点が非常に魅力的である。その上継承可能な点も○。唯一の難点としては、スキル習得した武将の手の入りづらさだけである。強化することで高等幻魔(=悪鬼羅刹)も対象に含められるようになる。

  • 連鎖一閃
入手先:紫くじ
開眼:G2
対幻魔用スキル。アシスト一閃以外の各○○一閃から進化する。一人の火力を大幅に引き上げてくれ、強烈な一撃を与えることができる。連鎖一閃または連鎖一閃と同様なスキル(破邪天衝術など)を持つ武将は継承の場合も含めて一閃持ちと言うことがある。鬼物語部隊では一閃持ち+アシスト一閃などの部隊攻撃UPスキルの組み合わせにすると火力を得やすい。

  • オーラアロー、虎牙一閃
入手先:悪鬼羅刹(オーラアロー)、紫くじ(虎牙一閃)
開眼:G2(オーラアロー)、G2・4(虎牙一閃)
対悪鬼羅刹(高等幻魔)用スキル。簡易版一閃スキルといった内容で、上位互換のスキルが入手できるまでは、穴埋め用。

  • 虎爪一閃
入手先:指南所(2枚のみ)ほか
蕃楡傾城と能力はそんなに変わらない。しかも2枚だけとはいえ確実に手に入る。
国技発動とは関係なく発動する点で優れている。

  • 馨偸傾城
入手先:紫くじ、緑くじ、白くじ
開眼:G2
対幻魔用スキル。継承可。簡易版一閃スキルといった内容だが、入手性は抜群で、おまけに100%継承可能なので、まず悪鬼羅刹用部隊を作る際には、是非欲しいスキルの一つ。難点は国技が発動していなければ無用の長物なので、確認してから使用すること。

  • 謫仙之轟【守】、謫仙之轟【破】、謫仙之轟【離】
入手先:家宝「祓魔の念珠」
開眼:G2、G4、G6
対幻魔用スキル。継承可。現状においての最強の一閃スキル。スキルがすべて揃うだけで、大体の悪鬼羅刹を一撃ちかくで葬ることができ、巨大悪鬼羅刹に対しても凄まじい威力を発揮することができるチートスキル。具体的な数値を上げると120%×270%×450%の上昇率が得ることができ、おまけにクリティカル率も大きく上昇する死角のない性能。これさえ手に入れられれば、悪鬼羅刹関連のランキングでの上位入賞は約束されたも同然である。
難点はすべて揃えるなければ真価を発揮できず、揃えるための家宝の入手が非常に面倒な点である。

  • 軍神護持・青備え突進
真空波動拳の上位互換スキル。こちらは下等・中等幻魔相手にも発動し、食糧消費も無く、上昇率も70%でG4スキル。二つのスキルの違いは、報酬で増えるのが技経験値か金銭かというもの。紫くじから出る本庄実乃が軍神護持を、富永直勝が青備え突進を保持しているので、入手確率も低くない。

  • 暴虎放逐乃計
対幻魔用スキル。味方部隊の攻撃と防御を底上げしてくれる。アシスト一閃と違い、こちらは最初から高等幻魔にも発動する。紫くじから出る板垣信方が保持しているので、入手確率も低くない。

  • 鈴鳴武者
対幻魔用スキル。継承不可だが、部隊攻撃を80%も上げてくれる優秀なスキル。問題点は入手難易度がかなり鬼畜である点。

  • 赤神一鑓
発動条件が兵科「槍」「弓」「鉄砲」「騎馬」「水軍」と縛りが多いが部隊攻撃を100%も底上げしてくる。ただG4スキルなので場合によりほかのスキルとの付け替えも考慮に入れておこう。

  • 水甕割り、上野国一本槍、岩剣乃銃声
対悪鬼羅刹(高等幻魔)用スキル。攻撃を飛躍的に上昇してくれるスキルで、各陣営ごとに用意されている。その上でみな紫くじから出るので、課金無課金有無を言わず入手可能な点は魅力的。ただし、ネックはそれぞれ大きく資源を消費してしまうので、注意が必要である。

  • 巨悪一閃
対巨大悪鬼羅刹用スキル。巨大悪鬼羅刹用の一閃スキルで、大幅に攻撃を上昇してくれる。火力ランキングを狙う場合など有った方がいいスキル。入手難易度的にはG2のものは比較的に手に入りやすいが、G6のものは少々やっかいである。

  • 窮魔両断
対幻魔用スキル。自身の攻撃と部隊の防御を飛躍的に上昇してくれるチート級スキル。ただし、発動条件がかなりシビアな為に、実質巨大悪鬼羅刹にしか発揮できない。

  • 慈僧閃浄攻・破邪天衝術※入手時期限定
連鎖一閃と同等の効果を持ちながらより高い発動率を持つスキル。それぞれ、技継承専用武将である暴れる僧兵・いかつい僧兵から継承した破魔槍撃・乾坤大薙を強化していくと慈僧閃浄攻・破邪天衝術になる。他の一閃と違いクエストをこなせば1周目は確実に入手できるので、まだ一閃系の技を何も持っていない場合は是非入手しておこう。ただし、1周目では確実に「いかつい僧兵」が手に入るが、2週目以降は軍記の入手がランダムになり、報酬も抽選になるため継承には注意。詳細は鬼武者2クエストにて。
2週目以降は軍記の入手がランダムになり、報酬も抽選になるため継承には注意。
コレクション報酬は「兵法指南書」の場合と同じく、クエスト1~4、5~8、9~12をクリアすることで計3セット入手できる。
ただし9~12は消費物語ポイントが3になるため注意。

  • 破魔旋律※入手時期限定
先鋒~副将までの全ての攻撃力を大将の攻撃に吸収してしまうという異色スキル。幻魔戦、悪鬼戦のみ有効。
吸収とは、対象のステータスを奪い自分のステータスを上げるということを指す。
そのため、鬼物語で1ターンで倒してしまうとき最大火力を出すには適しているが、悪鬼戦で2ターン目にはいると先鋒~副将までの全ての火力が0になっており、体力ゲージが大将まで持たないと2ターン目はダメージを与えられない。
また、継承不可の上大将固定であるため、場合によってはデッキ構成を大きく変更しないと導入できない。
発動率が低いこと、入手手段がイベントクエストコンプリート報酬に限られていることも難点である。

人陣営向け

  • 海老すくい・黄八幡
共に、人陣営3名以上で発動する部隊攻撃UPスキル。人陣営プレイヤーであれば是非おさえておきたい。

  • 光塵疾走※入手時期限定
部隊攻撃UPスキル。発動条件も容易で、その上45%の上昇率は魅力的である。また継承も可能である。G4スキルなので他の強力なG2スキルの下に付けられるのもありがたい。難点は入手難易度の高さだけである。

  • ライオンハート※入手時期限定
部隊攻撃UPスキル。ほぼ上記のスキルと同一の内容の優れたスキル。また継承も可能である。差異はこちらがG2で、5%上昇率が高いくらいである。

  • 禁裏乃御触※入手時期限定
部隊の中堅、副将、大将のみ適用される攻撃UPスキル。適応者が限定されている分飛躍的に火力を上げてくれる。人陣営なら欲しいスキルの一つである。

  • 気功掌
完封&自身の攻撃を130%も上昇させる驚異のスキル。非常に強力なスキルである反面、人陣営の5人縛りや入手先がBPか黄くじのみという難点もある。

幻魔陣営向け

  • 飯富赤備え
部隊攻撃UPスキル。幻魔版の三本乃矢といった内容で強力なスキル。難点はスキル保持者の入手難易度の高さである。

  • 魂蝕乃嗤笑※入手時期限定
部隊攻撃UPスキル。内容は光塵疾走の幻魔版といった感じで非常に扱いやすい。

  • 貫徹三轟※入手時期限定
部隊攻撃UPスキル。同上のスキルとほぼ一緒で、違いとしては5%上昇率がこちらの方が高い点と継承不可の点のみである。あとは好み次第で選ぶといい。

  • 甲斐乃虎※入手時期限定
部隊の中堅、副将、大将のみ適用される攻撃UPスキルである。幻魔版の居合・無花果といった感じで使い勝手がよく優秀なスキル。

  • デュエットペイン
完封&自身の攻撃を上昇させるスキル。気功掌に比べれば見劣りしてしまう上昇率だが、十分強力なスキルである。難点は気功掌と同様である。継承可。

  • 兜尾緩々
発動確率が高く、かつ相手の防御を60%も下げる。難点は鬼物語でのみの入手であること。

鬼陣営向け

  • 三本乃矢
部隊攻撃UPスキル。継承不可だが、特筆すべき点としてはスキル習得者の一人・毛利隆元の入手難易度の低さである。かなり序盤から入手可能でありながら、攻撃の上昇率は高くなっているので、鬼陣営部隊編成の人はとりあえずは欲しいスキルである。
また、緑くじからでる小早川隆景はG4に三本乃矢を持っていることがあり、G2に別の部隊スキルなどを継承させて使うこともできるため非常に優秀。

  • 剛力大乱槍※入手時期限定
鬼陣営部隊用スキル。味方部隊の攻撃の底上げしてくれるスキルで、クエスト、対人問わず使用可能な優れたスキル。スキルの継承も可能。ただ、唯一にして最大の難点はとにかく入手難易度の高さが問題である。

  • 十連斬※入手時期限定
部隊攻撃UPスキル。しかも50%も上げてくれる優れものである。継承は不可だが、スキル保有者は強いので、あまり気にはならない。唯一の難点は、例のごとく幻魔空間の報酬武将なので、入手難易度はかなり高めである。

  • 居合・無花果※入手時期限定
部隊の中堅、副将、大将のみ適用される攻撃UPスキルである。しかし破格の70%の上昇率はかなり優秀である。入手難易度自体はかなり高めだが、是非欲しいスキルである。

  • 断罪乃スコップ
部隊攻撃UPスキル。鬼友特典で入手できるスキル。手軽且つ早い時期に入手可能でありながら、部隊攻撃を40%も上げてくれる嬉しいスキル。難点としては発動率の低さと最初にコードを入力しなかった場合途中から入手ができなくなってしまう不親切設定な点である。

  • 逆転乃鞭
完封&自身の攻撃を上昇させるスキル。気功掌に比べれば見劣りしてしまう上昇率だが、十分強力なスキルである。難点は気功掌と同様である。

合戦用

  • 華麗なる闘争
入手先:白くじ
開眼:G2
女性武将のみに効果を与えるスキル。攻撃の上昇率は破格の50%とクリティカル率もやや上昇して発動率も良好というスキル。また女性のみ継承可で応用も利きやすい。女性部隊を編成した際は是非ほしいスキルである。

  • 華麗なる策略
入手先:白くじ
開眼:G2
女性武将のみに効果を与えるスキル。女性のみ継承可。上記のスキルの知略版といった内容で、使い勝手の良い知略上昇スキルである。女性部隊を編成した際は是非ほしいスキルである。

  • 落城大脱出
入手先:黒くじ
開眼:G6
武将戦、大合戦用スキル。継承可。敗北2以上なので実質中堅以上の配置となるが、攻撃時、防衛時どちらでも有効活用できる点は魅力的である。
ただし、しっかり強化した先鋒、次鋒がいることが前提条件ではある。

  • 愛国極刎
入手先:悪鬼羅刹家宝
開眼:G2
武将戦、大合戦用スキル。継承可。両部隊の攻撃力を自身に追加し、相手部隊の技発動率を減少させる。
構成次第ではかなり格上の部隊にも勝ててしまうチートスキル。
高い発動率と100%の技継承率、G4、G6のスキル次第では防衛転用も可能。
国技解放条件が厳しめという難点に目を瞑れば、非常に有用である。

大合戦用

  • 介者剣法、迫合槍、尖矢、早合、大筒、馬上槍
自身の攻撃UPスキル。通称侍スキル。兵科ごとに用意され、とりあえずの大合戦の部隊編成用目的とお目当てのスキルが手に入れるまでの穴埋め用として重宝しやすい。
幸い入手難度も高くなく、大量に入手が可能である。

  • 太刀打ち、足払い、手突矢、十匁弾、長鉄砲、馬鎧
自身の防御UPスキル。上記のスキルの防御版である。用途や入手性もほぼ一緒である。


  • 戦人提督、猛鬼提督、幻魔提督
大合戦用の部隊攻撃UPスキル。通常の合戦用の部隊攻撃UPスキルもよりも上昇率が高い点が魅力的。難点はスキル所持者の入手難易度とそれぞれの陣営5人縛りである。

スキル(防御)

陣営問わず

  • 逆茂木、生地跋扈
入手難易度の低さと大量に入手可能な点が魅力的なスキル。とりあえず合戦などの防御用武将に付けておいて損はない。ただ、これだけだとパンチが弱いので、他のスキルとの応用を考えてみる必要はある。

  • 逃げ弾正、不死身乃馬場美濃
自身の防御を上昇させるスキル。相手の防御DOWNスキルの影響を受けづらく、攻城戦・防衛用に持ってこいの優秀なスキル。また不死身乃馬場美濃の方は、緑くじから入手可能なので、幾分か入手しやすい。ネックは発動条件が知略なため、対策がとられやすい。

  • 隣家乃御裾分
部隊防御UPスキル。これも入手難易度はそこまで高くなく、発動条件も簡単な方である。これがあるのとないのとでは大きく違ってくるので、ほかの防御スキルが揃うまでは十分に役立ってくれる。

  • 威加海内
合戦の防御側の際に、威力を発揮するスキル。発動条件が簡単な割に強力で、おまけに継承も可能。スキル習得者も緑くじなので入手難易度もそこまで高くない点も魅力的である。
だったが、2013年1月24日のアップデートにて習得武将がくじから除去されたため、鬼くじからは入手することが出来なくなってしまった。
※鬼物語クリア報酬ではまだ入手の可能性アリ。

  • 忍固護戒
合戦の際部隊の防御を大幅に上げてくれる。継承専用武将から継承できる点も手軽で魅力。男4人女1人構成にして女1人に姫乃祈り・妻乃祈り・母乃威風などを持たせる構成にすると部隊防御が更に上がる。

  • 籠城上手
軍師に分類される武将が持っている。部隊防御を引き上げてくれる。知略の高さが発動条件なのがネック。

  • 母乃威風・妻乃祈り・姫乃祈り
姫武将だけが持つ部隊防御UPスキル。祈り2つは女性武将同士であれば継承可能なため、母乃威風持ちの姫武将に祈り2つをつければG2G4G6全てにこの3種を同時に持たせることもできる。母乃威風は部隊に「男」武将が3人以上で発動、祈り二つは知略が発動条件と発動条件が違うため、発動条件には注意。妻の祈りよりは姫乃祈りのほうが若干上昇幅が高い。

  • 米五郎左、天下一乃策士
合戦、大合戦用部隊の防御UPスキル。発動条件が敗北一以上とややデメリットであるが、大幅に部隊防御を上昇する優れもの。また発動条件も戦始乃一矢などのスキルでわざと満たすという手もある。

  • 神前朗誦※入手時期限定
部隊防御を引き上げてくれる。知略条件。イベントクエストのクリア報酬。固有ではなく継承可な上、G4にも継承できる(出雲阿国verはG4のみ)ので、重宝する。

人陣営向け

  • 磐梯山乃霊威
人陣営3名以上で発動の部隊防御UPスキル。

幻魔陣営向け

  • 島津乃英主
幻魔陣営3名以上で発動の部隊防御UPスキル。

鬼陣営向け

  • 継世門創建
鬼陣営3名以上で発動の部隊防御UPスキル。

スキル(戦闘)

  • 誘い込み、逃げ上手
鬼武者SOULを始めたならば、真っ先に揃えたいスキル。重複発動可。汎用計略で入手しやすく、いわゆる誘い誘い、逃げ逃げのテンプレとなる。
一城乃主とともに発動すれば全体武力が倍増するため、鬼物語や悪鬼羅刹戦で、長くお世話になるはず。
自陣営のG4に該当スキル持ちがくるのを待ち、他陣営のG2を継承する形が、資産的にも容易いだろう。
※発動時に撤退とあるが、幻魔、悪鬼羅刹戦では撤退することはない。

  • 銃後乃備え
次鋒の攻撃UPスキル。継承可。知略上昇効果を受けていれば発動なので、兵法書などで簡単に発動可能。自身の知略は0になってしまうが、次鋒の攻撃が劇的に上昇する。次鋒一閃型とのシナジーも期待でき、スキル大奥乃主などでより知略を上げていれば効果は高まる。

  • 囁声攪乱
合戦の攻撃側の際に、威力を発するスキル。そこそこの確率で相手部隊全体の防御を下げる点や継承可能な点で応用がききやすい。
また、継承専用武将であり入手時には既にスキルが開眼しており、育成して開眼する手間をかけずそのまま継承に使えるのも手軽で魅力。

  • 言葉合戦
合戦の防御側の際に、威力を発揮するスキル。自身の攻撃が下がってしまうが、相手部隊全体の攻撃を下げられる点や継承可能な点は有効的である。またG2にこのを習得している武将の入手難易度があまり高くない点も優秀。ただし、更に使い勝手のよいG4言葉合戦持ちは入手難易度がかなり高くレアなスキルである。

  • 陽動
相手部隊の防御下げるスキル。継承可。発動条件は先鋒に置くだけだが、その代わりやや発動率は抑えめである。穴埋めスキルとして重宝されやすく、やや頼りない発動率も戦始乃一矢などと合わせれば、十分効果が期待できる。

  • 紅吹雪
入手先:白くじ
開眼:G2
相手の攻撃&防御DOWNスキル。女性のみ継承可。発動条件を満たすことで相手の攻撃と防御を大幅に減らしてくれる優秀なスキル。特に凶悪なステータスを誇る悪鬼羅刹用として非常に重宝される。入手性もそこまで悪くない点もGOOD。難点は女性4人以上の縛りがやや面倒ではある。

  • 貴族乃手際
入手先:白くじ
開眼:G2
継承不可。中堅配置で先鋒、次鋒の攻撃30%上昇と技発動率10%上昇という効果。先鋒、次鋒一閃型の構成向きスキル。
継承はできないが、とりあえずあれば便利なスキル。幸いこのスキル自体の発動率も高いことも魅力である。

-美事自刃、捨身封圧、折檻流浪、落涙
完封系スキルで、決まれば非常に強力なスキル。…だったが、夢幻のごとくなりが登場するようになってから
一気に使えないレベルにまで弱体化してしまった。
それぞれ条件が異なることと発動率が低い点を除けば、相手側にとってかなりの驚異となる。
一応合戦の攻撃でも防御側でも有効だが、ターンの流れ的には攻撃側で発動されると相手は何もできなくなってしまう。
また対悪鬼羅刹用スキルとしても有効であり、強力なスキルを封じて討伐ポイントを稼ぎやすくしてくれる。
その分デメリットもある。まず発動条件が相手部隊の編成によるため、相手の部隊を見て相手の武将を確認した上で使用する必要がある(相手プレイヤーの陣営は関係ない)。
そして、その発動条件からその武将の敗北が確定するため完全勝利にはならない。また、相手部隊のスキルを封じても相手のステータスおよび兵法書による上昇値が単純に高ければ相手が勝つ場合も大いにあり、完封を使えば必ず勝てるというわけではない。
最近では完封カウンターもあるのでより相手を見定める必要がある。現在では「夢幻のごとくなり」の他にも対策カードプールは豊富になった。
よって、対悪鬼羅刹用以外は封印推奨。

  • 左団扇、武功報奨
クエスト向きスキル。軍資金集めや有用なスキルを育てる際には重宝される。入手難易度が低く、早い時期での入手が可能である。

  • 流流話術
相手の防御を下げる単体スキル。攻城戦・攻撃要員のG2にはこの流流話術のような単体防御ダウンスキルをつけることが多い。
2013年1月24日のアップデートにて習得武将がくじから除去されたため、鬼くじからは入手することが出来なくなってしまった。
※鬼物語クリア報酬ではまだ入手の可能性アリ。

  • 困惑心震※入手時期限定
相手の防御を下げる単体スキル。内容はほぼ上記のスキルと一緒である。難点は入手方法がイベントクエストからなので、入手時期が限られる点である。

  • 薄笑冷視※入手時期限定
相手の防御を下げる単体スキル。内容はほぼ上記のスキルと一緒である。違いはこちらは知力が下がり、発動率が若干高いこと。難点は入手方法がイベントクエストからなので、入手時期が限られる点である。

  • 偽計
相手の防御を下げる単体スキル。ただし条件が幻魔陣営3名以上なので幻魔陣営向け。自身が幻魔陣営であれば攻城戦・攻撃要員として使うとよい。鬼くじから入手可。

  • 清廉乃微笑、雄勢押切、蝮乃后
特定の場所に配置された相手の防御を下げるスキル。継承不可でやや特殊な判定を持ったスキルだが、各陣営ごと用意されており、また特別入手難易度が高いわけでもない点が便利である。

  • 奸賊
相手の攻撃を下げる単体スキル。攻城戦・防御要員のG2にはこの奸賊のような単体攻撃ダウンスキルをつけることが多い。
2013年1月24日のアップデートにて習得武将がくじから除去されたため、鬼くじからは入手することが出来なくなってしまった。
※鬼物語クリア報酬ではまだ入手の可能性アリ。

  • 姉乃叱正、イザベル乃憤怒
入手先:白くじ
相手の攻撃を大きく下げる単体スキル。継承不可で、発動条件として相手陣営に縛られるという難点があるが、その分効果は大きくなっている。また、対悪鬼羅刹用としても重宝されやすく、場合によっては「喚人」などの兵法書で、工夫すれば十分に活用できる。

  • 泰平乃夢
単体の相手の攻撃を下げて、且つ自身の防御を上げるスキル。継承不可であり赤くじから入手なので多少手間がかかるが、その分効果は一級品で、主に攻城戦・防御要員として活躍してくれる。

  • 傾国乃美女
相手部隊の防御を下げるスキル。相手布陣によってははまらないこともあるが、発動条件自体は簡単な部類である。おまけに継承も可能。
その割には破格の40%ダウンは嬉しいところである。
2013年3月7日のアップデートでくじから削除、今後はBPによってのみ入手可。

  • 組み打ち
入手先:
開眼:G4
自身と相手に効果を及ぼすスキル。継承可。
自身の攻撃が相手より低ければ発動可能と楽な条件な割に、攻撃を65%減少させる強力なスキル。
反面も防御を30%上昇させてしまうので、潔い防御系スキルである。
主な用途としては攻城戦の防衛用や高レベルの悪鬼羅刹用スキルとして活躍できる。

  • 士気高揚、黒影忍術
部隊のスキル発動率をUPするスキル。士気高揚は入手が容易で、黒影忍術も黒くじで比較的楽に入手可能。
ともに継承も可能である。基本的には単体もしくは士気+黒影のコンボで採用されやすい。
使い道としては強力スキルほど発動率は低めに設定されているので、スキル発動率の底上げ目的。
それから上位の合戦になればなるほど、スキルの発動率は勝敗を決する一因となるので、重宝されやすい。ただ、G4の士気高揚はそんなに多くない点には注意が必要である。

  • 封技、黒影封術
相手部隊のスキル発動率をDOWNするスキル。上記のスキルとは真反対な性質を持つ。
入手経路や継承可能な点はほぼ一緒である。ただ、こちらの場合、完封スキルという上位互換があるため、完封スキルを持っていれば事足りてしまう。逆に言えば完封スキルを持っていなければ擬似完封スキルとして役立ってくれる。

  • 攻防転身撃
入手先:黒くじ
開眼:G2
相手の攻撃を下げて、且つ相手の攻撃と防御の数値を入れ替える特殊なスキル。入れ替えデッキの必須のスキル。
その性質から単純な攻防の上げ下げする脳筋デッキには非常に強く、例え相手が自分より格上のプレイヤーだろうと勝ってしまうことも可能な強力スキル。
用途さえ間違わなければ合戦の攻撃・防衛関係なく使用できる便利さも併せ持つ。ただし、
その発動条件から防衛の際は、やることがすぐにバレて警戒されたり、知略デッキで対抗されたりと対策のとりやすさがネック。

  • 去私護邦
入手先:赤くじ
開眼:G4
対幻魔戦用スキル。継承可。実質幻魔用完封スキルで、
普通の完封スキルより発動率が高いことが魅力的である。部隊攻撃がやや下がってしまうが、それ以上にメリットが大きい。

スキル(他)

  • 不咲
合戦の防御側の際に、威力を発揮する非常に強力なスキル。
相手が高レベルなプレイヤーほど発揮しやすく、おまけに継承可能な点も魅力的。
言葉合戦と合わせると相手部隊が部隊攻撃UPのスキルを入れてきても無効化・あるいはもっと下げられるほどに相手部隊の攻撃を下げることができる。

  • 戦始乃一矢
自身が敗北することで以降の自分の部隊の全ての技の発動率を引き上げてくれる。発動率の悪い完封スキルと組み合わせて先鋒を戦始乃一矢、次鋒以降に完封、残り3名を部隊スキルなり強力単体スキルなどにすると3勝しやすくなる。更に発動率を上げたい場合は完封より先の位置に士気高揚や黒影忍術をおいても良い。
無論完封以外の組み合わせで使っても良い。継承不可。紫くじから入手可。

  • 相聞歌
入手先:白くじ
開眼:G2
部隊の知略UPスキル。継承不可。
お手軽な発動条件の割に知略50%上昇となかなかの優れもの。銃後乃備えなどの知略一閃スキルとの相性は抜群である。

  • 大奥乃主
入手先:黒くじ
開眼:G4
部隊の知略&技発動率上昇スキル。継承可。
簡単な発動条件且つ高い発動率でありながら、知略100%と技の発動率30%も上昇してくれる非常に優秀なスキル。”大奥銃後”と呼ばれるスキル銃後乃備えとのコンボは、悪鬼羅刹に対して大変な威力を発揮できるので、是非入手したいスキルである。
難点は相手部隊にも同等の効果を与えてしまうので、合戦などは使いどころが難しく、悪鬼羅刹でも相手によってはメリット以上のデメリットを被ることがある点である。

  • 紫草
入手先:黒くじ
開眼:G6
部隊のクリティカル効果UPスキル。継承可。
発動条件は大将配置で、クリティカル効果を150%も上昇してくれる。最大ダメージ狙いのスキル。競合するスキルの少ないG6スキルの為、重宝されやすい。難点は両部隊にクリティカル効果が及ぶことと自部隊のみ知略がガクッと落ちてしまうので、知略スキルとの運用が難しい点である。

スキル(内政)

  • 棒道整備・街道整備
内政スキルの中では取得優先度が高いスキルの一つ。道の効果がUPし、道に隣接した全ての生産施設の生産量が更にUPする。棒道整備を強化していくと街道整備になる。是非城代に継承させておきたい。
コレクションで得られるご当地武将のうち知略が高い武将が稀に持っている。

  • 商人差配、呉服問屋、商売乃極意、狐一族乃勤め、書入時乃段取、春乃商売始
金策用スキル。何をするにも金銭はかかってしまうので、ここで挙げた内の一つは是非欲しいスキルである。商人差配は隣国交易で、呉服問屋は海路交易で、該当のスキル保持者が手に入る。その為比較的入手難易度は低い方に入る。商売乃極意は比叡山焼き討ちという期間限定のクエストでしか手に入らないので、やや手間がかかってしまう。狐一族乃勤めは本のシリアルナンバーで手に入るのでこの中では、一番容易ではあるが、リアルマネーが必要になってしまう。

悪鬼羅刹スキル


  • 狂い咲き、無刀取り・花車、アストラルヴィジョン※入手時期限定
自身の攻撃と知略を上昇させるスキル。継承不可。通称クリスマススキル。発動条件が簡単な割に強力な効果のため、特に攻城戦で猛威を振るっていたスキル。しかし、スキルのインフレ化が進んだ今ではそこまで重要度は高くなくなった。ただ、穴埋めスキルとしては健在でもある。

  • 愛凜少女
開眼:G2
次鋒の攻撃UPスキル。継承不可。
先鋒配置で、次鋒武将の攻撃を60%上昇とクリティカル率10%上昇する。次鋒一閃型の相性は抜群である。
ちなみに当初は、次鋒一閃型のスキルが充実していなかったことと所持武将の画像の影響からあまり注目はされてはいなかった。

  • 疾きこと風の如く※入手時期限定
先鋒武将のみ強化してくれるスキル。その分上昇率は高く、先鋒一閃型デッキにはほぼ必須。難点はその発動条件から5人縛りスキルとの併用不可な点と所持武将の二つあるスキルうちのレアスキルの方なので入手がメンドーな点。

  • 雲上名轟※入手時期限定
部隊の副将、大将のみ対象で飛躍的に火力を上げてくれるスキル。発動条件は簡単で陣営問わず優れたスキルではあるが、その性質上次鋒におく武将は火力が激減してしまう。そこで、次鋒におく武将は火力が減ってもいいようなスキルなどの工夫が求められる点には注意が必要である。

  • 眉間豪突※入手時期限定
部隊の副将、大将のみ対象であるが、簡単な発動条件からは異常とも思えるほど攻撃を上昇させてくれるスキル。その上で相手の知略も減少させてくれる。鬼物語における最大火力を求めるなら必須スキルの一つであろう。

  • 鬼道雪※入手時期限定
部隊の先鋒、次鋒のみ対象だが、飛躍的に攻撃を上昇させてくれるスキル。上記スキルの先鋒、次鋒版。ただ、条件が特殊なので、大幅に編成が変わるようなら別のスキルなどで代替するなどして無理に編成を変える必要はない。

  • 桜乃息吹、一陽来復、春花乱舞※入手時期限定
それぞれの効果は違い、スキル単体としても十分に機能し、発動条件も簡単な方である。ただ、すべてセットで揃えることでその真価を発揮する。
互いのスキルのシナジー効果によってお手軽に強力な部隊スキルに変化する。またそれぞれの技を持つ武将の陣営が違うため陰乍応援の発動条件も簡単に満たせる。
難点は部隊の順番が固定されることと、花見イベント専用の悪鬼から手に入る武将専用の技ゆえに一通り揃える手間と入手時期が限られている点である。
しかしこれ以外にも五月の端午の節句や六月の梅雨イベント悪鬼なども似たようなシナジー効果のある技を持つ武将を手に入れられるチャンスもある。
プレイできる時期によって手に入る武将も変わるが、以降も似たようなイベントが無くなるという可能性は低いので、もしも可能なら出来る限り悪鬼を倒して、
武将を手に入れておきたい。

  • 真空波動拳※入手時期限定
対悪鬼羅刹(高等幻魔)用スキル。発動相手が限定されてしまうが、自身の攻撃を70%も上昇させてくれる。その上で、継承も可能という便利さも兼ね備えている。悪鬼羅刹の高得点のノルマを達成する上では、あったほうがいいスキルである。難点は発動ごとに食糧を消費してしまう点である。

  • 飛空行脚※入手時期限定
武将戦のみ有効の凶悪スキル。その効果は発動条件である槍の兵科3人用意するだけで、自身の攻撃が80%上昇させた上で、相手部隊の中堅、副将、大将の防御を35%減少させるという効果。その上発動のタイミングが自身の番なので、相手の戦闘開始時の上昇効果を潰せる可能性がある二重のいやらしさも兼ね備えている。

  • 瞬刻乃一矢、春煌麗翼龍、ベクタードレイン※入手時期限定
自身の防御と知略を上昇させるスキル。通称正月スキル。発動条件が簡単な割に強力な効果のため、特に攻城戦で活躍してくれるスキル。是非欲しいスキルの一つではあるが、入手時期が非常に限られており、おそらく次回の配信があるとすれば、1年近く先になると思われるので、入手できなかった人は大人しく他のスキルを頼ったほうが賢明である。

  • 冷眼幻葉※入手時期限定
相手の部隊の攻撃を下げた上で、自身の部隊の防御を上げるという鬼畜スキル。その効果ほどは1.3(こちら30%上昇分)/0.7(相手30%減少分)で、こちらの部隊防御を実質86%弱上昇(または相手の部隊攻撃を86%弱減少)させるに等しい効果である。難点は入手難易度の高さもさることながら、入手しても同じグレードに別の固有スキルを保持している場合がある。そういった意味でも非常に運要素が強いスキルの一つである。

  • 悪右衛門
入手先:曜日悪鬼(月曜日)
開眼:G6
対幻魔戦スキル。継承可。
破格の防御上昇値で単純な使用でも魅力的だが、その真価は柳川乃鶴鳴などの変換スキルと組み合わせた防御一閃型のシナジー効果が高く、破格のダメージが狙うことも可能。

  • 銃列隊
入手先:曜日悪鬼(水曜日)
開眼:G4
対悪鬼羅刹(高等幻魔)用スキル。継承不可。
大きくスキルの発動確率を押し上げてくれる逸材で陣営問わず是非欲しいスキルの一つ。
難点を挙げるならば、入手時期が限られる点と資源の消費量にも注意する必要がある。

  • 絶境踏破
入手先:曜日悪鬼(水曜日)
開眼:G6
対悪鬼羅刹(高等幻魔)用スキル。継承可。
部隊のクリティカル発動率を大きく上昇させてくれる。最大ダメージ狙いなら是非とも欲しいスキルの一つである。難点は上記と同じく入手時期と資源の消費量である。

  • 狼乃枷
入手先:羅刹の刻【白】
開眼:G6
相手の攻撃を下げるスキル。継承可。
自部隊に女性3名以上で、相手の攻撃を45%も減少させ、クリティカル率も10%下げてくれる優秀なスキル。
内政以外すべてで発動可能で、希少なG6スキルという点も優秀。特に高レベルの悪鬼羅刹などに有効な手段の一つとなる。

BPスキル

  • アマクポ
部隊攻撃UPスキル。効果も高く発動条件も簡単で、そしてスキル保持者のステータスも高いので、即戦力として活躍してくれる。
ただ、BPから出るため要課金であり、さらにスキル保持者がかなりの確率で出ないとされていることで一部界隈で有名。手に入れようと思う人は相当な覚悟が必要である。

  • 神速
開眼:G2
部隊攻撃UPスキル。発動条件は大将配置のお手軽さで、大きな上昇率が魅力的なスキル。

  • 総大将乃材徳
開眼:G6
自身の攻撃UPスキル。副将配置で攻撃を120%上昇する優秀なスキル。副将一閃型デッキ向け。
また、貴重なG6スキルという点も優秀である。

  • 仁王門
開眼:G6
自身の攻撃UPスキル。効果は自身の攻撃110%上昇し、相手の防御60%減少させるという優れもの。
難点は自身が攻撃減少の効果を受けていれば発動可能というやや特殊な点である。
その為勇壮犬追物などのスキルと併用する必要がある。

  • ザ・キリングタイム
開眼:G2
先鋒、次鋒、中堅攻撃上昇スキル。相手より攻撃が高いことが条件で、先鋒、次鋒、中堅の攻撃を80%も上昇させる。
難点は大将の攻撃が0になってしまうので、部隊の前衛に攻撃を集中させることを考えたデッキを構築しよう。

  • キングコブン
開眼:G4
自身の防御と攻撃の転換スキル。自身の防御に90%の上昇率を上乗せした上で、攻撃に転換する効果を持つ。
防御一閃型デッキとの相性は抜群で、悪右衛門などのスキルと合わせれば、簡単に高火力が実現できてしまう。

  • フレイムバレット
開眼:G2
相手の攻撃と防御の転換スキル。部隊に「男」武将が3人以上で発動。
相手の攻撃と防御を入れ替えた上で、知略も60%下げる鬼畜スキル。その性能から攻撃側の攻撃上昇を水の泡にするため、
特に攻城戦の防衛武将スキルとして一世風靡したスキル。現在は性別変化の兵法書の登場で簡単に対策が可能となったが、
今でも猛威を振るっているスキルの一つでもある。(特に相手の大将以外のメンバー編成がわからない攻城戦等)

  • 天然乃鋭牙、天然乃鉄槌
開眼:G2 or G4
自身の攻撃UPスキル。対幻魔用スキル。
鋭牙においては攻撃120%、防御120%上昇と穴埋め的スキルとしては破格の上昇率である。
鉄槌も攻撃のみだけだが、100%上昇するので、手に入れた方をそのまま使用すれば良い。

  • 夢幻のごとくなり
開眼:G2
防御系対策スキルだがリスクに対してリターンが凶悪。1スキルで部隊全項目+200%と封じられたスキルの
全開放等なので大合戦防御系ならデッキ問わずぶち込めれる。
G2+継承率100%。なので武将を問わない利便性が魅力。発動タイミングが戦闘開始時なので、
気功掌の様な自身の番で発動する系統や、自身が完封の対象にならないと発動しない点には注意。

  • 縞獣綻開、武功謙譲、魔剣月輝珠
開眼:G2
部隊性能の引き上げと、自分の強化もしくは相手の弱化をするスキル。
発動タイミングが「自分の番」なので、戦闘開始時に発動する相手スキルの影響を避けられる。
先鋒に持たせておけば実質後出しの部隊スキルとして使うことができ、G2+継承率100%なので利便性も高い。

スキル(国技)


大泥棒ミツグのスキル「馨偸傾城」が発動して悪鬼羅刹を討伐すると、報酬で家宝「宵闇の太刀」を入手できる。
50個集めると、国技専用技を持つ武将「織田信勝」を入手できる。


オススメスキル編成例

鬼物語or悪鬼羅刹


  • サンプル1
- 先鋒 次鋒 中堅 副将 大将
G2 天魔波旬剣 逃げ上手 馨偸傾城 匠乃助太刀 一城乃主
G4 天魔妖凛斬 匠乃視界 青備えor軍神 匠乃太刀筋  
G6   逃げ上手      
兵法書 攻撃兵法書 攻撃兵法書 攻撃兵法書 攻撃兵法書
悪鬼羅刹戦では鬼神
攻撃兵法書
匠乃太刀筋(修錬の門[壱]にて入手)  匠乃助太刀・視界(修錬の門[参]にて入手)


無課金サンプルデッキ。

  • サンプル2
- 先鋒 次鋒 中堅 副将 大将
G2 愛凛少女 破邪天衝術
(または慈僧閃浄攻、連鎖一閃)
勇壮犬追物   一城乃主
G4 大奥乃主 水甕割りor
上野国一本槍orta岩剣乃銃声
連理乃構え   伏竜乃咆吼
G6 銃後乃備え   きっちりしなさい。 幸福乃園 伏兵
兵法書 知略兵法書 攻撃兵法書
悪鬼羅刹戦では鬼神
  攻撃兵法書 攻撃兵法書




巨大悪鬼羅刹


無課金サンプルデッキ。

  • サンプル2
- 先鋒 次鋒 中堅 副将 大将
G2 愛凛少女 巨悪一閃
(または無頼道)
巨悪一閃 謫仙之轟【守】 アシスト一閃
G4 大奥乃主 瑞光天照
(または壱竟)
連理乃構え 謫仙之轟【破】 破魔旋律
(または赤神一鑓)
G6 銃後乃備え そしてこの美貌! 忍具六具 謫仙之轟【離】 一羽流・熊斬撃
(または紫草)
兵法書 知略兵法書 攻撃兵法書
鬼神
攻撃兵法書 攻撃兵法書 破魔旋律は雲竜
赤神一鑓では長蛇


合戦


大合戦


コメント

  • ↑↑そです。この発言したものですが、相手のプレイヤー陣営と勘違いしてたので、相手武将であわせるとバリバリ体感できました。お騒がせしましたm(_ _)m --- (2013/03/20 23:30:22)
    • 最初に戦始乃一矢をこのページに書いた者ですが効果体感頂けてるということでよかったです。コメント欄見ながらずっと気を揉んでました。 --- (2013/03/21 11:27:25)
      • あの数字がなければ勘違いしたままでした。ありがとうございますm(_ _)m --- (2013/03/23 11:07:24)
  • 攻防転身撃は?初心者でも入手可能で上級者を返り討ちにできる唯一のスキルのような気がする --- (2013/04/18 03:59:53)
  • 慈僧閃浄攻・破邪天衝術のクエスト消費Pは現在9~12が3です --- (2013/04/18 10:45:51)
  • ※現在入手不可ではなく、入手時期が限定されているみたいな意味合いのほうがいいと思います --- (2013/04/18 10:48:47)
  • 攻防転身撃強いよねー。攻撃も防御も攻防転身撃デッキですわ。 --- (2013/04/19 12:55:16)
  • デュエットペインの真価はヒロインズ完封スキル中唯一継承可能な点だと思います。そして薄笑冷視は防御低下スキルですよ。敗誘術策などの間違いでは? --- (2013/05/08 05:47:24)
    • 薄笑冷視については取り急ぎコメントアウトしておきました。最初に書かれた方が勘違いなさっていたのかもですね。 --- (2013/05/08 12:51:26)
  • 攻防転身w 邪道だな あれで行く奴はデッキ組む資格無いぜ --- (2013/06/03 12:59:25)
    • 勝ちたいのか面白いデッキ組みたいのかに拠るよね、カードゲームで○○はデッキ組む資格ないって言う人ほどお金つぎ込んでるから、運営の為になるし、あまり言う気もないが --- (2013/06/05 00:05:59)
    • まぁ それも込みで 勝ちに行くデッキ組める方の勝ちと言う事で宜しいのではないでしょうか? --- (2013/06/03 13:03:13)
  • 天下分け目なら脳筋デッキが効率的ですよね?完全勝利多&ノルマ即コンプリート --- (2013/06/29 10:54:38)
    • 最初のうちはそれでいいですが、中盤以降は不咲や完封持ちが多いです。そのため、完全勝利は難しくなってくると思い、変則デッキにならざるを得ないと思います。 --- (2013/06/30 20:19:48)
      • 確かに・・LVが上がって銭量が増えたら後半その群れに突入。資金切れで待ちがあった為うまく回っていただけでした。 --- (2013/07/06 08:26:24)
  • オススメスキル編成例 巨大悪鬼羅刹 中堅の忍具六具って忍乃六具ことでしょうか? --- (2014/05/16 12:56:27)
  • IG064278 紹介コード --- (2014/06/30 08:16:34)

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。

投稿済みコメントに返信する場合はコメントを選んでから投稿してください。


画像認証

  • 最終更新:2014-08-14 21:53:34

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード